What's AAA?

AAAの道のり

2018

東日本大震災の被災地を様々な形で支援中。

「桑田佳祐×AAA2017 オリジナルグッズ」収益金によりエイズ知識・啓発パンフレットが制作され、中、高等学校や保健所をはじめ全国の方々へ配布予定(Vol.18/180,000部)。最新のエイズ治療情報を盛り込み、デザインなどを一新。

併せてアボット ジャパン(株)およびM・A・Cエイズ基金のご協力により製作されたエイズ知識啓発ポスターも同様に配布予定。

12月1日“世界エイズデー”周辺に、全国でAAAコンサート開催予定。

2017

「桑田佳祐×AAA2016 オリジナルグッズ」収益金によりエイズ知識・啓発パンフレットが制作され、中、高等学校や保健所をはじめ全国の方々へ配布予定(Vol.18/170,000部)。最新のエイズ治療情報を盛り込み、デザインなどを一新。

5回目を迎えた2017年も約100組もの方々がご出演下さり、東京4ヶ所(日本武道館/浅草アミューズミュージアム/Zepp Tokyo/TSUTAYA O-nest)、札幌(KRAPS HALL)、五所川原(市立中学校)、仙台(Rensa)、愛知(中部国際空港セントレア)、名古屋2ヶ所(SPADE BOX/HeartLand)、大阪(FM802&あまがさきキューズモール)、広島(LIVE BLUE)、福岡(スカラエスパシオ)と全国9都市14会場で開催。
コンサートの収益金、会場での募金は国内外のエイズ啓発活動、支援活動へ寄付した。
また会場ではパネル展示などで、エイズへの理解と関心を来場者に訴えています。
この年も前年同様「M・A・C基金」がAAA活動を支援下さることになった。
日本のM・A・CスタッフもAAAコンサート会場でボランティア活動に参加下さった。

福山雅治氏が開催された「福山☆冬の大感謝祭 其の十七」グッズ販売会場内にて啓発パネル展示やグッズ販売をさせていただいた(12/21,23,24,27,28,30,31 計7日間/於:パシフィコ横浜展示ホール)。当日はAAAコンサートを企画、制作された産業能率大学の生徒さん達もボランティア活動に参加下さった。この会場およびに2018年1月24日から開催の福山雅治さんツアー各会場でも設置の“福山大明神”のお賽銭(一部)をAAA活動へ募金いただく。

2016

「桑田佳祐×AAA2015 オリジナルグッズ」ならびに『桑田佳祐 Act Against AIDS 2013 昭和八十八年度!第二回ひとり紅白歌合戦』DVD/Blu-ray 収益金によりエイズ知識・啓発パンフレットが制作され、中、高等学校や保健所をはじめ全国の方々へ配布予定(Vol.17/170,000部)。最新のエイズ治療情報を盛り込み、デザインなどを一新。

ミュージカル『ラディアント・ベイビー』上演会場にてエイズ知識・啓発パンフレット配布&啓発パネルを展示(6/6〜/26 東京・大阪にて)。 本作はAAA開始当時掲げていたシンボルマークの作者、キース・ヘリングの生涯を描いていることもあり、協力させていただいている。

12月1日“世界エイズデー”周辺でAAAコンサート開催。 約100組もの方々がご出演下さり東京4ヶ所、札幌、五所川原、仙台、新潟、大阪、福岡、広島、そして名古屋は初の3ヶ所、初開催となる熊本と全国10都市15会場で開催された。 コンサートの収益金、会場での募金は国内外のエイズ啓発活動、支援活動へ寄付される。但し、初開催の熊本と福岡会場分は熊本地震被災地への義援金される。

この年も前年同様「M・A・C基金」がAAA活動を支援下さることになった。
日本のM・A・CスタッフもAAAコンサート会場でボランティア活動に参加下さった。

福山雅治氏が開催された「福山☆冬の大感謝祭 其の十六 どうして?いったい何なの? 不思議なくらい気持ちよくなっちゃうこの感じ♥男だって女唄!女だって男唄!」グッズ販売会場内にて啓発パネル展示やグッズ販売をさせていただいた(12/20,21,23,24,27,28,30,31 計8日間/於:パシフィコ横浜展示ホール)。当日はAAAコンサートを企画、制作された産業能率大学の生徒さん達もボランティア活動に参加下さった。会場に設置された“福山大明神”のお賽銭(一部)をAAA活動へ募金いただいた。

2015

『桑田佳祐 Act Against AIDS 2013 昭和八十八年度!第二回ひとり紅白歌合戦』DVD&Blu-ray収益および「桑田佳祐×AAA2014」オリジナルグッズ収益によりエイズ知識・啓発パンフレットが制作され、学校や保健所をはじめ全国の方々へ配布予定(Vol.18/165,000部)。最新のエイズ治療情報を盛り込み、デザインなどを一新。

12月1日“世界エイズデー”周辺でAAAコンサート開催。
約100組もの方々がご出演下さり東京4ヶ所、札幌、五所川原、仙台、新潟、名古屋、大阪、福岡、そして初開催となる広島と全国9都市12会場で開催された。
特に初めての広島では地元ミュージシャンがお客さまと一緒に大切なものについて考え、盛り上げてくださった。
コンサートの収益金、会場での募金は国内外のエイズ啓発活動、支援活動へ寄付される。

この年も前年同様「M・A・Cエイズ基金」がAAA活動を支援下さることになった。
日本のM・A・CスタッフもAAAコンサート会場でボランティア活動に参加下さった。

福山雅治氏が開催された「福山☆冬の大感謝祭 其の十五 流行歌、無流行歌、そして、ご無沙汰歌 イクぜ!俺とお前の福山歌‼︎」グッズ販売会場内にて啓発パネル展示やグッズ販売をさせていただいた(12/19,20,23,24,26,27,30,31 計89日間/於:パシフィコ横浜展示ホール)。当日はAAAコンサートを企画、制作された産業能率大学の生徒さん達もボランティア活動に参加下さった。会場に設置された“福山大明神”のお賽銭(一部)をAAA活動へ募金いただいた。

2014

2月末公開の映画「ダラス・バイヤーズ クラブ」応援。
本作品は米ゴールデングローブ賞やアカデミー賞にて最優秀主演男優賞、最優秀助演男優賞をダブル受賞など世界で認められた、今までにない、エイズをテーマにした映画で、エイズ啓発にとても有益な、機会あれば必ず紹介したい作品。

「AAA 2013 桑田佳祐『昭和八十八年度 ! 第二回ひとり紅白歌合戦』」および「桑田佳祐×AAA 2013」オリジナルグッズ収益によりエイズ知識・啓発パンフレットが制作され、学校や保健所をはじめ全国の方々へ配布予定(Vol.17/165,000部)。最新のエイズ治療情報を盛り込み、デザインなどを一新。
また、今まで主に日本全国の高等学校や保健所・保健センターへ発送していたご案内を、今回より中学校へも発送開始。

外資系製薬・医療機器大手のアボット・ジャパンがAAA活動へご支援下さることとなった。

12月1日“世界エイズデー”周辺でAAAコンサート開催。
約100組もの方々がご出演下さり、東京4ヶ所、札幌、五所川原、仙台、新潟、名古屋、大阪、福岡と全国8都市11会場で盛大に開催された。
特に、初めて五所川原市内の中学校で3年生に向けてのライブとトークイベントを開催。非常に反響をいただいた。
コンサートの収益金、会場での募金は国内外のエイズ啓発活動、支援活動へ寄付される。

12月6日、福山雅治氏のニッポン放送レギュラー「福山雅治のオールナイトニッポン Saturday Special 魂のラジオ」を全編、エイズ啓発の内容で放送していただいた。
ヘルスプロモーション推進センター代表医師 岩室紳也先生がゲスト出演し、知識の発信や、リスナーからの質問に答えていただいた。

エスティ・ローダー社の化粧品ブランド“M・A・C”が立ち上げている、世界中のHIV/エイズと共に生きる人達をサポートする「M・A・Cエイズ基金」がAAA活動を支援下さることになった。
日本のM・A・CスタッフもAAAコンサート会場でボランティア活動に参加下さった。

福山雅治氏が開催された「福山☆冬の大感謝祭其の十四 お待たせしました!あなたの街でもオープンしちゃうわnight!! 旅する音楽の館、Hotel de Fukuyama Ⅲ」グッズ販売会場にて、啓発展示およびキャンペーングッズを販売させていただいた (12/23,24,27,28,30,31 計6日間/於:パシフィコ横浜展示ホール)。本公演は横浜含め全7会場で開催され、各会場に設置された“福山大明神”のお賽銭(一部)をAAA活動へ募金いただいた。

2013

「桑田佳祐×AAA2012オリジナルグッズ」販売収益にてエイズ知識・啓発パンフレットが制作され、学校や保健所をはじめ全国の方々へ配布(Vol.16/110,000部)。最新のエイズ治療情報を盛り込み、デザインなどを一新。

12月1日“世界エイズデー”周辺でAAAコンサート開催。
100組以上の方々がご参加下さり、東京4ヶ所、横浜、名古屋、大阪、札幌、福岡、弘前と全国8都市11会場で開催された。
特に、横浜では4年ぶりに桑田佳祐さんが登場下さった。また、初めて大学生が企画からライブ運営までやり遂げた会場もありと、盛大に開催された。
コンサートの収益金、会場での募金は国内外のエイズ啓発活動、支援活動へ寄付される。

12月7日、福山雅治氏のニッポン放送レギュラー「福山雅治のオールナイトニッポン Saturday Special 魂のラジオ」を全編、エイズ啓発の内容で放送していただいた。
ヘルスプロモーション代表医師 岩室紳也先生がゲスト出演し、知識の発信や、リスナーからの電話相談などを行った。
また、当日は長野市の小学校からの招待で来日していた、福山さんもずっと応援下さっているルーマニアのHIV感染孤児の代表や医師も特別に出演した。

福山雅治氏が開催された「福山☆冬の大感謝祭 其の十三 今年もやっちゃっていいですか? Hotel de fukuyama Ⅱ 心を射抜く『おもてなし♡』それは…、44 MASAHARU!!」グッズ販売会場にて、啓発展示およびキャンペーングッズを販売させていただいた (12/14,15,18,19,22,23,27,28,30,31 計10日間/於:パシフィコ横浜展示ホール)。

2012

「桑田佳祐×AAA2011オリジナルグッズ」販売収益にてエイズ知識・啓発パンフレットが制作され、学校や保健所をはじめ全国の方々へ配布予定。
(Vol.15/110,000部)。最新のエイズ治療情報を盛り込み、デザインなどを一新。

東日本大震災支援の一環として、福島県会津若松市で開催された「第1回ふくしまフェスティバル in 会津」に協力させていただいた。

12月1日“世界エイズデー”周辺にAAAコンサート開催。
東京4ヶ所、名古屋、札幌、福岡、そして初の開催地・八戸にて。
初めての会場もあり、100組を超えるアーティスト、ミュージシャンが約9,010人の観客にエイズ問題への関心を喚起した。
なお、東京の日本武道館会場は初の2DAYSで、1日目が東日本大震災支援、2日目が今まで同様エイズ支援を目的に開催された。

全国のAAAコンサート会場や「マウントレーニアダブル presents 桑田佳祐 ライブ in 神戸&横浜2011~年忘れ!!みんなで元気になろうぜ!!の会~」会場およびオアミューズ公式ンラインショップ「アスマート」にて「桑田佳祐×AAA2011オリジナルグッズ」が販売された。その収益にて2013年版のエイズ知識・啓発パンフレットを制作。

12月1日、福山雅治氏のニッポン放送レギュラー「福山雅治のオールナイトニッポン Saturday Special 魂のラジオ」を全編、エイズ啓発の内容で放送していただいた。
(社)地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター長 岩室紳也先生がゲスト出演し、知識の発信や、リスナーからの電話相談などを行った。

福山雅治氏が開催された「福山☆冬の大感謝祭 其の十二 史上最大の10DAYS!! HOTEL de 福山~お前とGAMEするBeautiful liveな十日間!!~」LIVE会場にて、AAAグッズ販売や啓発パネルを展示させていただいた(12/15,16,19,20,23,24,27,28,30,31開催 於:パシフィコ横浜展示ホール)

2011

「桑田佳祐 × AAA2010 オリジナルTシャツ」販売収益にてエイズ知識・啓発パンフレットが制作され、学校や保健所をはじめ全国の方々へ配布(Vol.14/120,000部)。最新のエイズ治療情報を盛り込み、デザインなどを一新。

3月11日に起きた東日本大震災において、3月23日〜7月初旬まで宮城県名取市にて、現地のボランティアセンターと連携しながらボランティア活動。この後も連絡を取り合いながら支援していく。

毎年新たなデザイン、最新情報を盛り込み制作しているエイズ知識啓発パネル&ポスターを、今回はコブクロ「ALL COVERS BEST」収録曲「奇跡の地球」収益の一部にて制作。
イラストは世界で活躍されている絵本作家の荒井良二氏にお願いし、いつも以上に目を引くPOPなデザインにしていただいた。

12月1日“世界エイズデー”周辺にAAAコンサート開催。
札幌、石巻、東京3会場、名古屋、大阪、福岡にて。
10年以上ぶりや初めて開催される都市もあり、当日は多くのアーティスト、ミュージシャンが約9,010人の観客にエイズ問題への関心を喚起した。
なお、東京の日本武道館会場では、収益の一部を東日本大震災支援に充てられた。
また、全国のAAAコンサート会場や「マウントレーニアダブル presents 桑田佳祐 ライブ in 神戸&横浜2011〜年忘れ!!みんなで元気になろうぜ!!の会~」会場およびオアミューズ公式ンラインショップ「アスマート」にて「桑田佳祐×AAA2011オリジナルグッズ」が販売された。その収益にて翌年のエイズ知識・啓発パンフレットを制作。

12月3日、福山雅治氏のニッポン放送レギュラー「福山雅治のオールナイトニッポン Saturday Special 魂のラジオ」を全編、エイズ啓発の内容で放送していただいた。
(社)地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター長 岩室紳也先生がゲスト出演し、知識の発信や、リスナーからの電話相談などを行った。

福山雅治氏が開催された「福山☆冬の大感謝祭 其の十一 初めてのあなた、大丈夫ですか?常連のあなた、お待たせしました♡本当にやっちゃいます!『無流行歌祭!!』」会場ロビーにてAAAグッズを販売および啓発パネルを展示させていただいた(12月24,25,28,30,31日 於:パシフィコ横浜展示ホール)。

2010

4月〜7月、AAA活動に賛同下さっているNORTH WAVE、J-WAVE、ZIP-FM、FM802、cross fmのJFL5局で「AAA -Radio Action-」キャンペーンが実施された。
各局の各番組やイベントでHIV/エイズの啓発メッセージを届けて下さった。
AAAコンサート 桑田佳祐 Act Against AIDS 2009「映画音楽寅さん チャラン・ポランスキー監督・脚本・主演『男はしたいよ』」収益および「桑田佳祐『昭和八十三年度!ひとり紅白歌合戦』」DVD、Blu-ray収益でエイズ知識・啓発パンフレットが制作され、学校や保健所をはじめ全国の方々へ配布(Vol.13/120,000部)。最新のエイズ治療情報を盛り込み、デザインなどを一新。大きな反響を得た。
3月〜翌年2月「Woman.excite」にて募金ご協力。
エキサイトのポータルサイト「Woman.excite」をスタートページ設定することでユーザーが希望する団体へ20円自動的に募金される、というシステムで、募金先のひとつに加えていただいた。
6月〜7月、さまざまなサイトでバナーや特集ページ展開。
最終的に、AAAサイトへのページビュー数は約740,000となった。
(PC→magazineworld/goo/msn/plala/So-net/ニコニコ動画/YouTube etc.)
(mobile→GREE/モバゲーTOWN/DECOLOG/魔法のiらんどetc.)

7月11日〜16日、長野県徳間小学校の生徒さんや先生のルーマニア訪問をコーディネート。現地の日本人学校を訪問したり、明日の家の孤児たちと交流を深めることができた。

8月25日発売のコブクロ「ALL COVERS BEST」収録曲の「奇跡の地球」収益金を全額、AAAを通じてのエイズ啓発活動へご寄付いただいた。様々な啓発活動に活用させていただく予定。

12月1日"世界エイズデー"にAAAコンサート開催。
東京2会場、名古屋2会場、大阪にて。
当日は多くのアーティスト、ミュージシャンが約16,600人の観客にエイズ問題への関心を喚起した。 また、全会場で「桑田佳祐 × AAA2010 オリジナルTシャツ」を販売(オンラインショップ「アスマート」でも販売)。その収益にて翌年のエイズ知識・啓発パンフレットを制作。

12月4日、福山雅治氏のニッポン放送レギュラー「福山雅治のオールナイトニッポン Saturday Special 魂のラジオ」を全編、エイズ啓発の内容で放送していただいた。
(社)地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター長 岩室紳也先生がゲスト出演し、知識の発信や、岩室先生が診察されているHIV感染者の女性へ電話インタビューなどを行った。

福山雅治氏が開催された「福山☆冬の大感謝祭 其の十〜思いっきり感じたかったんだ 後ろから前から、そして心colour」会場ロビーにて、ルーマニア孤児紹介およびAAA啓発活動風景パネル展示、またAAAグッズも販売させていただいた(12/27,28,30,31 於:パシフィコ横浜展示ホール)。

2009

AAAの新しいシンボルマークをバンタンデザイン研究所へ依頼。授業の一環として、生徒の皆さんより公募。

3月25日、AAAコンサート「桑田佳祐『昭和八十三年度!ひとり紅白歌合戦』」がDVD化され、発売。
収益はAAAを通じ、エイズ啓発活動に活用させていただいた。

AAAコンサート「桑田佳祐 『昭和八十三年度!ひとり紅白歌合戦』」の収益で、エイズ知識・啓発パンフレットが制作され、学校や保健所をはじめ全国の方々へ配布(Vol.12/110,000部)。最新のエイズ治療情報を盛り込み、デザインなどを一新。大きな反響を得た。

7月より新しいシンボルマークで活動開始。

12月1日"世界エイズデー"にAAAコンサート開催。
東京2会場、横浜(11月30日〜12月2日)、名古屋、大阪にて。
当日は多くのアーティスト、ミュージシャンが約27,900人の観客にエイズ問題への関心を喚起した。
会場ではエイズのミニテストにアクセスできるAAA携帯クリーナーをプレゼント。

12月5日、福山雅治氏のニッポン放送レギュラー「福山雅治のオールナイトニッポン Saturday Special 魂のラジオ」を全編、エイズ啓発の内容で放送していただいた。
(社)地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター長 岩室紳也先生がゲスト出演し、知識の発信、リスナーからのナマ電話相談などを行った。

2008

2月21日~28日、長野市立徳間小学校の招待でルーマニアHIV感染孤児代表ラビニア・クイバリさんとマトゥーシャ先生が来日し、交流を持った。
信濃毎日新聞が取材。

3月20日、イベント「AAA in 花やしき」実施。
浅草花やしきさんのご厚意により、当日の入園チケット代をご寄付いただいた。

桑田佳祐氏全国コンサートツアー「呼び捨てでも構いません。"よっ!桑田佳祐"SHOW」の収益で、エイズ知識・啓発パンフレットが制作され、学校や保健所をはじめ全国の方々へ配布(Vol.11/110,000部)。最新のエイズ治療情報を盛り込み、デザインなどを一新。大きな反響を得た。

全国のコンサートプロモーターにご協力いただき、各地のイベントやコンサート開催の際、啓発パネル展示を依頼。

初の試みとして、啓発ポスターを駅貼り展開。
(7/2~順次展開。東京:JR池袋駅・JR渋谷駅/名古屋:金山総合駅/大阪:JR梅田駅)

12月1日"世界エイズデー"にAAAコンサート開催。
東京、横浜(11月30日~12月1日)名古屋、大阪にて。
当日は多くのアーティスト、ミュージシャンが約16,750人の観客にエイズ問題への関心を喚起した。

12月6日、福山雅治氏のニッポン放送レギュラー「福山雅治のオールナイトニッポン Saturday Special 魂のラジオ」を全編、エイズ啓発の内容で放送していただいた。帝京大学医学部 松田教授がゲスト出演し、知識の発信、リスナーからのナマ電話相談などを行った。

2007

1月16日~21日、長野市立徳間小学校の招待で、ルーマニアHIV感染孤児代表ナルチス・ムエディンさんとマトゥーシャ先生が来日し、交流を持った。
信越放送や信濃毎日新聞が取材。

AAAコンサート「桑田佳祐『星条旗よ永遠なれ!?~私のアメリカン・ヒーローズ』 会場の収益で、エイズ知識・啓発パンフレットが制作され、学校や保健所をはじめ全国の方々へ配布(Vol.10/100,000部)。最新のエイズ治療情報を盛り込み、デザインなどを一新。好評のため増刷。

5月30日、「アフリカ開発会議」連動企画「アフリカミッション2008」にご協力いただき、会場ロビーにて日本ユニセフ協会とともに啓発パネル展示(会場:パシフィコ横浜国立大ホール)。

12月1日"世界エイズデー"にAAAコンサート開催。
東京2会場、名古屋、大阪(11月29日)にて。
当日は多くのアーティスト、ミュージシャンが約16,050人の観客にエイズ問題への関心を喚起した。

同日、WOWOWにて「Act Against AIDS 15周年記念〜桑田佳祐12時間スペシャル〜」放送('01、'03、'04、'06のAAAコンサートリピート放送)。
同日、福山雅治氏のニッポン放送レギュラー「福山雅治のオールナイトニッポン Saturday Special 魂のラジオ」を全編、エイズ啓発の内容で生放送していただいた。
帝京大学医学部 松田教授がゲスト出演し、知識の発信、リスナーからのナマ電話相談などを行った。

2006

2月、長野市立徳間小学校の招待でルーマニアHIV感染孤児代表ミオアラ・ポピエルさんとマトゥーシャ先生が来日し、交流を持った。

サザンオールスターズコンサートツアー「SOUTHERN ALL STARS Live Tour 2005"みんなが好きです! " 」において販売されたAAA携帯ストラップの収益で、エイズ知識・啓発パンフレットが制作され、学校や保健所をはじめ全国の方々に配布(Vol.9/100,000部)。最新のエイズ治療情報を盛り込み、デザインなどを一新。大きな反響を得た。

5月29日~6月30日(web公開)、YAHOO!JAPAN "レッドリボンキャンペーン"の企画協力。
前回に引き続き"山本シュウ日本緊急事態宣言"というテーマのもと、基礎知識や情報をリンクしつつ、山本氏が著名人とエイズについてのトークを掲載。
ゲスト:アンジェラ・アキ(シンガーソングライター)、許田信介(HY)、田臥勇太(バスケットボールプレーヤー) 各氏

12月1日"世界エイズデー"にAAAコンサート開催。
東京3会場、横浜(11月30日~12月2日)、名古屋、大阪(11月30日)で開催していただいた。
当日は多くのアーティスト、ミュージシャンが約23,600人の観客にエイズ問題への関心を喚起した。
この模様はWOWOWで放送。

12月2日、福山雅治氏のニッポン放送レギュラー「福山雅治のオールナイトニッポン Saturday Special 魂のラジオ」を全編、エイズ啓発の内容で放送していただいた。
帝京大学医学部松田先生がゲスト出演し、知識の発信、リスナーからのナマ電話相談などを行った。

2005

AAAコンサート 桑田佳祐「AAA2004"THE GOLDEN AGE OF BRITISH ROCK~愛と青春の英国ロック"」会場の収益で、エイズ知識・啓発パンフレットが制作され、学校や保健所をはじめ全国の方々へ配布(Vol.8/100,000部)。最新のエイズ治療情報を盛り込み、デザインなどを一新。大きな反響を得た。

6月9日、長野県飯田風越高等学校での講演で、初の試みとしてKengoさんのミニライヴを併せて開催。

11月後半~12月(web公開)、YAHOO!JAPAN "レッドリボンキャンペーン2005"へ企画協力。
DJの山本シュウ氏を中心に"山本シュウ日本緊急事態宣言"というテーマのもと、基礎知識や情報をリンクしつつ、山本氏が著名人とエイズについてのトークを掲載。
ゲスト:TERU(GLAY)、山田卓也(Jリーガー)両氏

12月1日"世界エイズデー"にAAAコンサート開催。
東京3会場、名古屋、大阪(11月30日)にて。
当日は多くのアーティスト、ミュージシャンが約17,000人の観客にエイズ問題への関心を喚起した。
この模様はWOWOWで放送。

12月3日、福山雅治氏のニッポン放送レギュラー「福山雅治のオールナイトニッポン Saturday Special 魂のラジオ」を全編、エイズ啓発の内容で放送していただいた。
帝京大学医学部松田先生がゲスト出演し、知識の発信、リスナーからのナマ電話相談などを行った。

2004

AAAコンサート 桑田佳祐「AAA2003"栄光のDISCO&SOUL"」会場の収益でエイズ知識・啓発パンフレットが制作され、学校や保健所をはじめ全国の方々へ配布(Vol.7/100,000部)。最新のエイズ治療情報を盛り込み、デザインなどを一新。冊数も大幅に増加し、大きな反響を得た。

11月27日、福山雅治氏のニッポン放送レギュラー「福山雅治のオールナイトニッポン Saturday Special 魂のラジオ」を全編、エイズ啓発の内容で放送していただいた。
帝京大学医学部松田先生、婦人科医松下真理先生がゲスト出演し、知識の発信、リスナーからのナマ電話相談などを行った。

12月1日"世界エイズデー"にAAAコンサート開催。
東京3会場、横浜(11月30日~12月2日)、名古屋、大阪にて。
当日は多くのアーティスト、ミュージシャンが約31,000人の観客にエイズ問題への関心を喚起した。
この模様はWOWOWで放送。また12月1日ニッポン放送でインタビューなどご協力いただいた。

2003

桑田佳祐氏ベストアルバム「TOP OF THE POPS」収録曲「素敵な未来を見て欲しい」、「奇跡の地球」、「光の世界」の3曲から発生するレコード収益の一部でエイズ知識・啓発パンフレットが制作され、学校や保健所をはじめ全国の方々へ配布(Vol.6/60,000部)。最新のエイズ治療情報を盛り込み、デザインなどを一新。大きな反響を得た。

2003年5月~ZIP-FM「LET'S TALK ABOUT AIDS」に電話インタビュー出演。

11月4~20日、ルーマニアHIV感染孤児代表、アシック・アイスさんとマトゥーシャ先生が来日。
愛知、鳥取、島根、愛媛、長野などを訪問し、小・中・高校生等と交流を持った。

帝京大学医学部松田先生と「エデュケーション・リーダー認定テスト」において、献血に関するアンケートを実施。
後日、調査結果が読売新聞へ「高校生意識調査」として掲載。また、日本輸血学会総会でも松田先生より報告された。

11月29日、福山雅治氏のニッポン放送レギュラー「福山雅治のオールナイトニッポン Saturday Special 魂のラジオ」を全編エイズ啓発の内容で放送いただいた。
さらに12月7日放送でも再度コーナーを作っていただき取り上げていただいた。
12月1日"世界エイズデー"にAAAコンサート開催。
東京3会場、横浜(11月30日~12月2日)、名古屋、大阪にて。
当日は多くのアーティスト、ミュージシャンが約29,000人の観客にエイズ問題への関心を喚起した。
この模様はWOWOWで放送。また12月1日前後、TOKYO-FMなどで特集番組などの協力をいただいた。

2002

AAAコンサート「桑田佳祐『AAA'01 クワガタムシ対カブトムシ〜桑田佳祐PLAYS"ザ・ビートルズ"~』」会場の収益でエイズ知識・啓発パンフレットが制作され、学校や保健所をはじめ全国の方々に配布(Vol.5/60,000部)。最新のエイズ治療情報を盛り込み、デザインなどを一新。大きな反響を得た。

9月22日~10月6日、ルーマニアHIV感染孤児代表、ラビニア・クイバリさんとマトゥーシャ先生が来日。
愛媛、高知、島根、長野などを訪問し、小・中・高校生と交流を持った。

11月9日、「AAAフリーマーケット2002」を開催(会場:渋谷国立代々木競技場渋谷プラザ、SHIBUYA BOXX、SHIBUYA@FUTURE)。
当日は中越典子、姜 暢雄両氏参加のオークションも開催。
インターネットプロバイダーYAHOO!JAPANさんの協力により、初の試みとしてインターネットオークションも開催(11月10日~12月15日)。

11月27日発売の桑田佳祐氏ベストアルバム「TOP OF THE POPS」収録曲「素敵な未来を見て欲しい」、「奇跡の地球」、「光の世界」の3曲から発生するレコード収益の一部をAAAや日本エイズストップ基金などを通じて日本国内外での啓発活動、患者・感染者の支援等々に寄付いただいた(11月27日~翌年5月31日の間でレコード店出荷枚数分)。

11月30日、福山雅治氏のニッポン放送レギュラー「福山雅治のオールナイトニッポン Saturday Special 魂のラジオ」にて知識の発信、リスナーからの電話相談など、全編をエイズ啓発の内容で行っていただいた。
さらに12月28日放送でも一部取り上げていただいた。

12月1日"世界エイズデー"にAAAコンサート開催。
東京3会場、名古屋、大阪(12月3日)にて。
当日は多くのアーティスト、ミュージシャンが約19,000人の観客にエイズ問題への関心を喚起した。
この模様はWOWOW、スペースシャワーTVで放送。
また12月1日前後、TBS、TOKYO-FM、J-WAVE、ニッポン放送などで特集番組などの協力をいただいた。

12月末、テレビ東京でルーマニアエイズ感染孤児と、彼らを支えているAAAコンサート日本武道館会場のドキュメンタリーを放送。

2001

1月17日、(社)音楽制作者連盟より、AAAの活動に対して発起人3名が感謝状を頂戴した。

AAAコンサート「桑田佳祐『オールリクエストショー』」会場の収益でエイズ知識・啓発パンフレットが制作され、学校や保健所をはじめ全国の方々に配布(Vol.3/60,000部)。パンフレットに桑田氏がデザインされた缶バッジが付き、内容も最新のエイズ治療情報を一新。大きな反響を得た。

5月~AAAの活動に賛同下さったSUPER PACIFIC PARTYが作成されたオリジナルAAA Tシャツを販売開始。
※SUPER PACIFIC PARTY - 様々な援助団体活動に賛同したクリエーター達が団体支援のためオリジナルで団体ごとに「チャリTシャツ」を作成、販売し収益の一部を寄付するというグループ

7月30日~8月6日、長野市立徳間小学校の生徒や先生のルーマニア訪問をコーディネート。
この様子は信濃毎日新聞(集中4回連載)、長野朝日放送などで取り上げられた。

9月19日~27日、ルーマニアHIV感染孤児代表、ナルチス・ムエディンさんとマトゥーシャ先生が来日。
愛媛、島根、長野などを訪問し、小・中・高校生と交流を持った。
この来日交流は、島根県内の高校で開催した「第3回合同エイズ展」に出席するため、松江市立女子高校の生徒会を中心に企画。

11月17日、「AAAフリーマーケット'01.秋」を開催(会場:恵比寿ガーデンプレイス)。
会場は(株)恵比寿ガーデンプレイスご提供。

12月1日"世界エイズデー"にAAAコンサート開催。
東京3会場、横浜(11月30日~12月1日)、横須賀(12月3日)、名古屋、大阪にて。
当日は多くのアーティスト、ミュージシャンが、約32,800の観客にエイズ問題への関心を喚起した。
この模様はWOWOW、スペースシャワーTVで放送。
また12月1日前後、TOKYO-FM、J-WAVE、bay-fm、ニッポン放送などで特集番組などご協力いただいた。

2000

AAAコンサート「桑田佳祐『エリック・クラプトソ横浜公演』」会場の収益でエイズ知識・啓発パンフレットが制作され、学校や保健所をはじめ全国の方々へ配布(Vol.3/60,000部)。
最新のエイズ治療情報、若い世代の街角意識調査(東京・大阪)、カウンセラーへのインタビュー、高校の養護教諭の座談会などを盛り込みデザイン、内容を一新。大きな反響を得た。

10月28日、恵比寿ガーデンプレイスにて「AAAフリーマーケット'00.秋」を開催。
会場は(株)恵比寿ガーデンプレイスご提供。
TBSテレビ「王様のブランチ」の番組内で会場から生中継。

12月1日"世界エイズデー"にAAAコンサート開催。
東京4会場(1会場のみ11月27日)、横浜(11月30日~12月2日)、名古屋、大阪にて。
多くのアーティスト、ミュージシャンが約35,300人の観客にエイズ問題への関心を喚起した。
この模様はNHK-BS2、WOWOW、スペースシャワーTVで放送。
また12月1日当日、J-WAVEにおいて特集番組を放送いただいた。

12月5日、「えひめエイズフォーラム2000」をサポート(会場:愛媛県県民文化会館サブホール)。
第1部のパネルディスカッションに事務局員が出席、第2部の藤木直人さんコンサートを「AAAスペシャルライブ」として開催。

1999

2月、ルーマニアHIV感染孤児代表、ラビニア・クイバリちゃんとマトゥーシャ先生が来日。
支援中の全国各地を訪問し、小・中・高校生および、一般の方々と交流を持った(三重、愛知、島根、長野を訪問)。
2月17日、長野での交流をテレビ朝日「スーパーJチャンネル」で放送。

AAAコンサート「桑田佳祐『オールリクエストショー』」会場の収益で制作されたエイズ知識啓発パンフレットを学校や保健所をはじめ全国の方々へ配布(Vol.2/40,000部)。前年版とデザインや内容を変え、最新情報を盛り込み、各方面から好評いただいた。

8月14日~21日、世界のエイズの現実を実体験し、その経験を学校や地域で発信する高校生エイズ啓発リーダーを育成するため「高校生夏休みルーマニアHIV感染孤児訪問」を実施。
三重県、島根県の高校生6名とともに、俳優の寺脇康文氏も同行し、全員で施設・病院5ヶ所を訪問。「ももたろう」の寸劇を披露したり、交流を行った。高校生たちは帰国後直ちに啓発活動や報告会を開催。
読売新聞、THE DAILY YOMIURI、共同通信記事配信、TBS「ニュース23」などで取り上げられ、また各高校生の地元ローカルメディアにも多数取り上げられた。
高校生たちは帰国後、地域の小学校や中学校に招かれ、この体験をもとに、エイズへの関心を訴える講演会を1年間に渡り実施。

11月13~14日、「AAAフリーマーケット'99.秋」を開催(会場:恵比寿ガーデンプレイス)。
会場は(株)恵比寿ガーデンプレイスご提供。
TBS「王様のブランチ」、TOKYO-FM、ニッポン放送が会場より中継。

12月1日"世界エイズデー"にAAAコンサート開催。
東京3会場、横浜(11月30日、12月1日)、名古屋、大阪にて。
多くのアーティスト、ミュージシャンが約33,000人の観客にエイズ問題への関心を喚起した。
日本武道館会場では、ルーマニア訪問をした高校生がステージに立ち、同行した寺脇康文氏と報告した。

1998

2月、バルバラ・サムソンさん(当時23/フランス人/17歳の初恋時のセックスでHIV感染したことをカミングアウト)がヨーロッパ各地で自分の体験を交え、プライベートパートナーでもある医学博士、エリック・シャポーさんと一緒にエイズ啓発活動を講演という形式で続けているところを招き、横浜、京都、三重で1,200名の高校生を対象に講演会を実施。
セックスで感染をした女性がカミングアウトし、その体験を話すという事例は、今まで日本で行われたことはおそらく初めてのことで、各メディアの取り上げも多く効果的な啓発活動が展開された。

AAAコンサート「桑田佳祐『Act Against AIDS'97.歌謡サスペンス劇場』」会場の収益金により制作された、エイズ知識・啓発パンフレットを学校や保健所をはじめ全国の方々へ配布(Vol.1/30,000部)。 
最新情報を盛り込み(カクテル療法、HIV検査の詳細等)、各方面から好評を得た。 
6月28日、「オペラ座の怪人 by ケン・ヒル」出演者一同の発案により、チャリティー特別公演開催(会場:青山劇場)。
出演者、関係者、劇場の完全ボランティア協力を得て実施したこのコンサートは、キャスト全員が抜粋された「オペラ座の怪人」名場面を歌で綴ったスペシャル。
会場では、約950名の来場者全員に知識・啓発パンフレットを配布し、エイズ問題への理解と関心を訴えた。

9月4~6日、「東京ゲームショウ'97.秋」において(社)コンピュータエンターテインメントソフトウエア協会のご協力により、AAAチャリティーオークション及びエイズ啓発。
オークションの売上げはルーマニアHIV感染孤児達の支援へ。
チャリティーオークションは(株)ハドソン高橋部長が司会、ステージではニッポン放送と同局アナウンサー荘口さんにご協力いただいた。

10月、バルバラ・サムソンさん再来日講演をコーディネート。
三重、神戸、渋谷で開催され、前回同様来場者に大きな感動を与えた。三重は2月に講演を聴いた高校生の発案で実現し、AAAが全面サポート。

11月14~15日、「AAAフリーマーケット'98.」を開催(会場:恵比寿ガーデンプレイス)。
会場は(株)恵比寿ガーデンプレイスご提供。
TBSテレビとニッポン放送、TOKYO FMが会場から生放送。 
12月1日"世界エイズデー"にAAAコンサート開催。
東京3会場、横浜(11月30日~12月2日)、名古屋、大阪、新潟にて。
多くのアーティスト、ミュージシャンが、約32,000人もの観客にエイズ問題への関心を喚起した。
この模様は民放ラジオ各局によって中継。

1997

活動開始5周年を機に「新しいマークを考えることによってエイズに関心を寄せ、応募することでAAAに参加して欲しい。」という意を込めAAA新シンボルマークを公募。
審査委員長をグラフィックデザイナーの浅葉克己氏、副委員長をコピーライターの眞木準氏、特別審査員を藤井フミヤ、原 由子、森山良子、谷村有美、広井王子各氏にお願いした。応募総数2,562点の作品が全国から寄せられ、審査の結果、滋賀県大津市の大学生、黒子雅司さん(22)の作品が新マークとして選出された。応募者の約80%が10〜20歳代で、啓発活動としても効果的だった。

4月4~6日、「東京ゲームショウ'97.春」において(社)コンピュータエンターテインメントソフトウエア協会のご協力により、AAAチャリティーオークション及びエイズ啓発。
オークション売上げはルーマニアHIV感染孤児達と全国の高校文化祭でのエイズ啓発コーナー開設に活用。
チャリティーオークションは (株)ハドソン 高橋部長が司会され、ステージでは文化放送と奥山佳恵氏にご協力をいただいた(会場:東京ビックサイト)。

10月25~26日、「AAAフリーマーケット'97.秋」を開催(会場:恵比寿ガーデンプレイス)。
会場は(株)恵比寿ガーデンプレイスご提供。

AAA新マーク制定に伴い、コピーライターの眞木準氏につくっていただいた「求む、無私(むし)天使 Need Volunteer Angel」を、新スローガンに決定。
併せて、新マークを「スリー・エンジェル・マーク」と呼称することが決定。

11月28日、長野市立徳間小学校と、ルーマニアHIV感染孤児との交流をコーディネート。
長野オリンピック関連行事である「一校一国運動」で同校はルーマニアを担当。
来日したイオン・クンパラトク君は、同校の約700名の小学生たちと「花いちもんめ」や「ドッヂボール」を楽しんだ。
この模様は長野県内の主なメディアの取材を受け、エイズ啓発としての面もアピールすることができた。
同校はPTAも含め、継続して現在もご支援いただいている。

12月1日"世界エイズデー"にAAAコンサート開催。
東京3会場、横浜(11月30日~12月2日)、名古屋、神戸、大阪、新潟にて。
多くのアーティスト、ミュージシャンが、約31,000人の観客へエイズ問題への関心を喚起した。
この模様は民放ラジオ各局によって生中継され、BunkamuraオーチャードホールではAAA新マーク募集最優秀賞者表彰式と、入賞作品発表が行われた。

「AAA NEWS」創刊。
2ヶ月ごとのエイズ動向委員会からの感染者情報を中心に、エイズ関連の情報、AAA活動報告等を盛り込み、運営会員他約500社に送付開始。

1996

4月より参加応募型の啓発プログラム「エデュケーション・リーダー・キャンペーン」開始。
会報として、FAX情報ネットを使用した「AAA FELLOWSHIP」を送付開始。
これは「奇跡の地球」収益にて運営(現在はAAAが継承し、運営中)。

8月22日~24日、「第1回東京ゲームショー」において(社)コンピュータエンターテインメントソフトウエア協会のご協力により、AAAチャリティーオークション及びエイズ知識啓発パネル、ルーマニア幼児エイズ紹介パネルの展示、募金を行った(会場:東京ビックサイト)。

9月17日、「ルーマニア幼児エイズ救済とエイズ研修の夕べ」を開催(会場:新宿厚生年金会館)。
エイズ知識に関する講演と、ルーマニアからHIV感染孤児の代表 ナルチスちゃんと主治医のマトーシャ医師が来日し、現状をご報告。
「LET'S TALK ABOUT AIDS」(首都圏民放ラジオ局全局ご協力)を2会場にて開催。

9月9日、愛知県、中日新聞社、ZIP-FMのご協力で(会場:名古屋クラブダイアモンド)。
9月21日、FM802、HIVと人権情報センター、大阪市のご協力で(会場;大阪リサイタルホール)。

11月10日、「AAAフリーマーケット'96.秋」を開催(会場:恵比寿ガーデンプレイス)。
会場は(株)恵比寿ガーデンプレイスご提供。

12月1日"世界エイズデー"にAAAコンサート開催。
東京3会場、横浜(11月30日~12月2日)、名古屋、神戸、新潟、仙台にて。
多くのアーティスト、ミュージシャンが、約22,000人の観客へエイズ問題への関心を喚起した。
また、この模様はNHK-BS2と民放ラジオによって生中継され、NHK-BS2は後日再放送。

1995

1月17日未明に起きた阪神・淡路大震災に対し、1月31日~3月12日まで42日間にわたり、延べ約300名でボランティア活動を展開。

1月23日、桑田佳祐、小林武史、Mr.Children各氏の発案によって実現された楽曲「奇跡の地球」が関係者のご努力により発売。
収益はアジアを中心としたエイズ患者の治療および、更なるエイズ感染者の増加防止、啓発活動のために活用。

4~5月、フジサンケイグループ主催のイベント「LIVE UFO」関連として「Keisuke Kuwata&Mr.Children"Acoustic Revolution with Orchestra"KISEKI NO HOSHI」コンサート開催(東京・名古屋・大阪)。

4月29~30日、フジサンケイグループのご協力によりLIVE UFOの一環として「AAAフリーマーケット'95.春」を開催(会場:東京・渋谷パークスクエア)。

アメリカ映画「マイ・フレンド・フォーエバー」の公開に際し、プロモーション協力。チラシをコンサート会場で配布したほか、機関誌、会報誌でのパブリシティ掲載、アーティストによるマスコミを通してのPRに加え、全国の高等学校約5,400校に向け、チラシと共に推薦状を送付。

8月5~6日、「サザンオールスターズ スーパーライブ イン 横浜-ホタル・カリフォルニア-」のコンサート開演前に行われたイベント「南天群星大明神まつり」会場でエイズ知識啓発パネル、ルーマニアHIV感染孤児紹介パネル等を展示(会場:パシフィコ横浜)。同会場の大ホールでは、映画「マイ・フレンド・フォーエバー」の試写会も開催。

12月1日"世界エイズデー"にAAAコンサート開催。
東京5会場、名古屋、大阪、新潟、高知、広島にて。また今回初めて香港、タイ、台湾のアジア3ヶ国でも現地のアーティストを主体に開催。
香港は荻野目洋子、久宝瑠理子両氏、タイは桑田佳祐、小林武史両氏を中心としたユニット、台湾はMr.Childrenが参加。
多くのアーティスト、ミュージシャンが、約28,000人の観客へエイズ問題への関心を喚起した。
また、この模様はNHK-BS2とMXテレビ及び民放ラジオで生中継され、NHK BS-2では後日、再放送とハイライトを放送。

TVゲーム業界各社とテレビ局各社のご協力でイベント「TVゲームサンライズ'95.勇気と愛気」を開催。
AAAのブースではエイズ知識啓発パネルの展示、ステージではチャリティ・オークションを行った。
オークション売上げと募金はルーマニアHIV感染孤児へ。
12月3日、毎日放送のご協力で「MBSゲームのツボ'95.」(会場:マイドームおおさか)イベント内にてパネル展示等啓発。
12月10日、TBSのご協力で「TBS GAME PARK'95.」(会場:池袋サンシャインシティ文化会館)イベント内でも。

12月31日、「岸谷五朗 PRESENTS THE VARIETY・for AAA」開催(会場:横浜アリーナ)開催。

約8,000名の観客へエイズ問題への関心を喚起した。

1994

8月、横浜で開催された「第10回国際エイズ会議」出席のため来日していた、ルーマニアでエイズと闘う子どもと出会う。
感染者の約92%が12歳以下の子どもで孤児、という現状を知り、主治医のマトゥーシャ先生の要請もあって支援していくことを決定。

11月23日、ルーマニアでエイズと闘う子ども達への支援を目的とした「フリーマーケット」を開催(会場:東京・渋谷パークスクエア)。

11月初旬、山本美憂氏がAAA特使として、初めてルーマニアHIV感染孤児達を訪問。

11月25日、NHKホールで「LADY'S Act Against AIDS for Asia」を開催。
アジア各国と日本の女性アーティストが共演。女性の視点、立場からエイズ問題を訴えた。作家・家田荘子氏のアメリカエイズリポート、山本美憂氏のルーマニアエイズレポートも行われた。
当日の模様はNHK BS-2、ハイビジョン放送でそれぞれ放送され、後日、台湾でも放送。

11月27日、TVゲーム業界とイベント「TV GAME SUNRISE AAA for ルーマニアチルドレン 勇気と愛気」を開催(会場:東京池袋サンシャインシティ)。
会場では、ルーマニアでエイズと闘うこどもたちを励ますイラストメッセージが多数寄せられた。

12月1日"世界エイズデー"にAAAコンサート開催。
東京4会場、大阪にて。また、横浜・札幌・新潟・仙台で関連イベントやコンサート開催。
多くのアーティスト・ミュージシャンが参加し、約33,600人の観客へエイズの問題を提起した
この模様はNHK BS-2と民放ラジオによって生中継され、NHK BS-2では後日再放送。

1993

音楽業界の各社、団体を中心としてAct Against AIDS'93.実行委員会設立。
出版社・新聞社、また、それに関わる各団体と(社)全国民間放送連盟、加盟ラジオ局全局の協力を得て雑誌・新聞・ラジオの広告枠を利用し、エイズの基礎知識の啓発運動を展開。

電話のQ2システムを使用し「100円ダイヤル募金」を開設。
番組内では隔週代わりで筑紫哲也、黒柳徹子、湯川れい子、永六輔各氏がエイズの基礎知識を語り募金も行った。結果、約450万円を「日本エイズストップ基金」に寄付。   
10月、立ち上がりイベントとして在京ラジオ局の応援をいただき、リスナー参加のグッズ販売イベントを開催。
銀座、新宿、渋谷などでリスナーから募集したティーンエイジャーが声を張り上げてAAAのグッズを販売すると共にエイズへの関心を喚起した。

12月1日"世界エイズデー"にAAAコンサート開催。
東京3会場、横浜、名古屋、大阪にて。
多くのアーティスト・ミュージシャンが参加し、約30,000人の観客へエイズの問題を提起した。
コンサートの模様は、NHK BS-2と民放各ラジオ局で全国に生中継されたほか、民放テレビ局2局でも特別番組などを放送。